CONCEPT

多様なチャレンジが集まるワーキングコミュニティ

co-ba shibuya(コーバ 渋谷)は、
株式会社ツクルバが運営をしている会員制シェアードワークプレイス。

起業家、WEBデザイナー、エンジニア、コピーライター、放送作家、
イラストレーター、グラフィックデザイナー、写真家、建築家、公認会計士、落語家、NPO関係の方など、
様々なジャンルの方が集まり、場所を共有するだけではなく、
コミュニケーションやコラボレーションを行いながら、
それぞれのチャレンジを実践していく場所です。

2011年12月にオープンしたco-ba shibuyaは、
その後、2012年5月に付帯施設としてco-ba libraryをオープン。
そして、2013年12月、初のパートナーシップ店“co-ba akasaka”のオープンを皮切りに、
全国へとその輪を広げています。

さあ、あなたも、渋谷を拠点にしながら、
多様なチャレンジが集まるワーキングコミュニティに参加してみませんか?

GALLERY

それぞれの日常が、co-baの風景をつくっています。

STAFF

私たちがco-ba shibuyaを運営しています。

Photo by きょーいち


co-ba shibuya
コミュニティアシスタント

小松大河(gaccho)

宮城県気仙沼市出身。2011年に東日本大震災を経験し、人と人とが助け合いながら新たにまちを作っていく様子に可能性を感じ、高校生の頃より学生団体に所属し、まちづくりを学ぶ。その後co-ba kesennumaでのインターンを経て2018年10月co-ba shibuyaにスタッフとしてジョイン。co-baのコミュニティを「空き地」と捉え、余白のある場から新たな価値を創造できるような補助線(土管)作りを意識している。
また個人では映像クリエイターとしても活動しており、co-ba shibuyaではフリーランスとしての軸も持ちつつ会員と近い目線からコミュニティ運営に携わる。


株式会社ツクルバ
co-ba shibuya
コミュニティマネージャー

吉田めぐみ(gumi)

海外を放浪する中で人生を豊かにするのは出会いやご縁ではないかと感じ、人と人との関係性がダイレクトに影響する場づくりに興味を持ち始める。その後、国内外の語学学校でアドミニストレーションオフィサーとして教育現場の場づくりを実践。2016年3月株式会社ツクルバに入社し、現在co-ba shibuyaの2代目コミュニティーマネージャーとして運営全般に携わる。「ご縁=未来のワクワクを創造させるもの」と信じ、co-ba shibuyaが新しい何かと出会うきっかけの場となるよう、活動に従事している。


運営会社について

実空間と情報空間を横断した場づくりを実践する場の発明カンパニー。
はじめの事業としてシェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」を開始、
その後、リノベーション住宅特化の流通プラットフォーム事業「cowcamo(カウカモ)」、
実空間・情報空間のデザインを横断する実験と共創のコミュニティ「tsukuruba studios」が生まれました。
「事業の発展を通じて社会に貢献したい」という想いは創業当初から変わりません。
そしてツクルバは今、建築・不動産・テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいます。

実空間と情報空間を横断した場づくりを実践する場の発明カンパニー。
はじめの事業としてシェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」を開始、
その後、リノベーション住宅特化の流通プラットフォーム事業「cowcamo(カウカモ)」、
実空間・情報空間のデザインを横断する実験と共創のコミュニティ「tsukuruba studios」が生まれました。
「事業の発展を通じて社会に貢献したい」という想いは創業当初から変わりません。
そしてツクルバは今、建築・不動産・テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいます。